JOYCARE ホームメイド消毒液スプレー
5eb3ad3fbd2178050b499040 5eb3ad3fbd2178050b499040 5eb3ad3fbd2178050b499040 5eb3ad3fbd2178050b499040 5eb3ad3fbd2178050b499040 5eb3ad3fbd2178050b499040

JOYCARE ホームメイド消毒液スプレー

¥9,800 税込

送料についてはこちら

SOLD OUT

JOYCAR「ホームメイド消毒液スプレー」 この商品は、次亜塩素酸水を自宅で簡単に生成することが可能です。 必要なものは本体と水だけです。 「水道水と塩」で、次亜塩素酸水の生成が可能。 3分で生成可能。ウィルスや細菌に威力を発揮する除菌液が簡単に作れます。 手洗い・除菌だけでなく、加湿器に入れれば部屋中の空気除菌が可能です。 製品の仕様映像などはこちらのBlog紹介されています。 https://stopcovid19.thebase.in/blog/2020/04/30/174141 【次亜塩素酸水とは?】 アルコール除菌でも効果の無い『ウィルス』や『病原菌』にも効果のある洗浄・除菌用途などで使用される除菌液になります。 加湿器や備え付けのスプレーを使用すれば空気除菌も可能です。 あなたのお部屋を常に安心できる環境へ 40~50ppm濃度であれば、赤ちゃんやペットにもお使い頂けます。 ※「水道水」又は「水道水と塩」だけで2種類の次亜塩素酸水の生成が可能。 ・ 水道水だけで作る40~50ppmの次亜塩素酸水 (各地域の水道水により、多少濃度が異なる場合がございます) そのまま手にスプレーして手洗用としてご使用頂けます。 (万が一、皮膚が弱く手荒れなどが起きた際は使用をお控えください) 外出から帰った時、玄関で洋服・バッグなどにスプレー除菌 カーテン・ソファーやベビー用品にもご使用頂けます。 加湿器に入れて使えば、部屋中の除菌・消臭になります。 ・水道水350ccと塩2.5gで作る150ppmの次亜塩素酸水 150ppmの濃度に達したら生成を自動的にストップします。 水道水や塩の量に多少の誤差が生じた場合はセンサーが作動します。 ・濃度のムラなく、150ppmの次亜塩素酸水が生成出来ます。 ・この場合、電気分解の時間に変動が生じますが、誤作動ではありません。 ・キッチン・洗面所・トイレ・ペット用品・介護用品など様々な場所で除菌液としてご使用下さい。 ・野菜や食器の洗浄・除菌にもご使用頂けます。 ・いつでも何処でも3分で生成可能。 ・ウィルスや細菌に威力を発揮する除菌液が簡単に作れます。 ・持ち運び可能ですので、場所を問わず何処でも生成いただけます。 ・除菌スプレーとしては電力無しでお使い頂けます。 ・手洗い・除菌だけでなく、加湿器に入れれば部屋中の除菌になります。 ・ご家庭の加湿器に次亜塩素酸水(40~50ppm)を入れてご使用ください。 ・空気中のウィルスや細菌の除菌が可能です。 「注)加湿器の性能、部屋の広さによって効果が異なります」 ・帰宅の際に衣類にご使用頂くとより効果的です。 【ご利用シーン】 ・テーブルなどのリビング用品 ・食器などのキッチン用品 ・シーツなどの寝室用品 ・トイレ・洗面所周り ・ドアノブ周り ・車内などのカー用品 ・スマホなどの日用品 ・美容室 ・医療現場など ・幼稚園・学校など ・ご家庭で「水道水と塩」さえあれば、繰り返し何度でも、手軽に除菌液が作れます。 ・職場やお車でも、コンセントがなくても、パソコンやモバイルバッテリーからUSBケーブルで 電源を取ることが出来ます。 【製品内容】 ・生成器本体 ・内容量:250cc ・駆動電圧:DC5V ・本体側面にスイッチ ・内側底部にLED ・本体上部にマイクロミストの連続スプレーノズル ・USBケーブル :プラグ又はパソコン・バッテリーと本体を接続 ・USB Type-C ・計量スプーン :水道水250ccに対し、塩1g (すりきり1杯) 【使用上の注意】 ・直接手に取って手洗用として使用する場合、及び加湿器に入れて使用する場合は、 水道水から作る40~50ppmの濃度の除菌液をご使用下さい。生成した次亜塩素酸水を3倍に薄めてお使いください。 ・カーテンや絨毯・ソファーに直接噴霧する場合、生地の裏や端で色落ちがしないか? 確認してからご使用下さい。その際も40~50ppmの濃度の除菌液のご使用をお勧めします ・150ppmの除菌液を継続的にご使用される際は、個人差により手荒れの原因となる事がありますので、ビニール手袋をハメてご使用される事をお勧めします ・ご使用の段階で手荒れや皮膚の痒み・爛れなどが出た場合、直ちに使用を中止し、最寄りの病院へご相談下さい ・必ず単独で使用すること。 ・他の液体と混ぜないこと。 ・使用の時は液が目に入らないように注意すること。 ・付属の容器以外の容器に移し替えないこと。 ・目に入ったときは、流水ですすぎ、眼科医を受診すること。 ・異常が生じた場合はすぐに使用を中止し、医師に相談すること。 ・本製品は、お子様の手の届かない場所に保管し、お子様がご使用にならない様にご注意下さい。